[PR]

 戦前、内務省が検閲して発売頒布禁止(発禁)にした本など1327点を、国立国会図書館がデジタル画像で公開した。戦後、占領軍に接収されてアメリカに渡り、米国議会図書館(LC)が所蔵しているものだ。検閲官がチェックに使った正本で、傍線や書き込みから検閲の詳細がわかる。

 国会図書館がLCと共同で、2012年度からデジタル化を進めてきた。今年3月に1327点を国会図書館デジタルコレクション「内務省検閲発禁図書」として公開。このうち、小林多喜二「蟹(かに)工船」改訂版(1930年)など、著作権消滅が確認できた約200点は国会図書館のウェブサイトで公開し、それ以外は館内限定公開とした。

 東宝映画「ハワイ、マレー沖海戦」の脚本(42年)のように「検閲合格」印が押されたものもあるが、LCで現地調査した大滝則忠・前国会図書館長によると、大半が発禁や削除などの処分を受けたもの。検閲に使った正本のほか「検閲事務のため内務省が手元に保管した本もある」という。刊行時期は、不明のものを除くと1902~45年。

 戦前は、出版法により、単行本…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら