[PR]

 全国有数のギンナン産地の稲沢市祖父江町で、地元固有の希少種「栄神(えいしん)」を使ったギンナンパウダーを町商工会などが開発した。かつては商品価値が低いとみられていた品種だったが、成分調査で老化防止や生活習慣病予防に効果があるとされる抗酸化力が高いことが判明。地元はギンナン普及の新たな武器に、と期待している。

 4月からネット販売を始めたのは「栄神」を粉末にした「栄神(えいじん)Goo(グー)」。薄黄色のパウダーでギンナンを凝縮した濃厚な味わいにイチョウのほのかな香りが漂う。老化防止の「アンチエイジング」から命名した。

 祖父江地区には約1万1千本のイチョウがあり、ギンナンは主に「久寿(きゅうじゅ)(久治(きゅうじ))」「藤九郎(とうくろう)」「栄神」「金兵衛(きんべえ)」の4品種がある。しかし、生産量は丸くて粒の大きい「久寿」「藤九郎」が大半で、小さめで粒がそろわない「栄神」は商品価値が低いとされ、全体のわずか1%しかない。

 「栄神」の意外な潜在力がわか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら