[PR]

 寝たきり生活が続く自身の障害をネタに笑いをとる、お笑い芸人あそどっぐさん(38)=本名・阿曽太一、合志市=による講演会が8日、熊本市の北部まちづくりセンターであった。テーマは「障害と笑い」。日常生活や半生を冗談を交えてテンポよく振り返り、会場をわかせた。

 全身の筋肉が萎縮する「脊髄(せきずい)性筋萎縮症」で、顔と左手の親指以外は動かせない。この日、大人の腰の高さほどのストレッチャーに横になって登壇。そのまま、まず「寝たきりあるある」のネタを披露した。

 「電車に乗ると、オッサンのお尻が顔の前に来る」、「乙武さんの不倫問題についてどう思うか聞かれる」――。日常生活をやや自虐的に切り取り、一気に80人の観客の笑いをつかんだ。「お笑い界初の寝たきり芸人」と名乗る。

 講演で阿曽さんは様々なエピソ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら