[PR]

 トランプ米大統領は9日、連邦捜査局(FBI)のコミー前長官が議会の公聴会で、トランプ氏から元側近への捜査を「やり過ごして欲しい」と言われたと証言したことについて、「言っていない」と否定した。一方、米メディアは、トランプ氏の弁護士が、トランプ氏との会話のメモを知人に漏らしたコミー氏を近く告訴すると報じた。

 トランプ氏は、ルーマニアのヨハニス大統領とのホワイトハウスでの共同記者会見で、「コミー氏が言ったいくつかのことは真実ではない」と強調。コミー氏は、ロシアとの関係をめぐり辞任したフリン前大統領補佐官の捜査について、トランプ氏から捜査を中止することを求めた「指示」と受け止めたと証言したが、トランプ氏は否定。「たとえ言ったとしても何も悪くない」と主張した。

 トランプ氏がコミー氏に「忠誠」を求めたという証言についても、「私は彼をほとんど知らないのに、『忠誠を誓って欲しい』と言わない」と反論した。

 トランプ氏は、うその証言をすれば偽証罪に問われる可能性がある議会でも同じことを語る用意があるかと問われると、「百%だ」と語り、コミー氏と同様に宣誓下で証言することもいとわない姿勢を示した。

 一方で、昨年の大統領選にロシ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら