秋篠宮妃の紀子さまと次女佳子さまは10日、東京都渋谷区の東京体育館で、障害者らによるダンスコンサートの開会式典に出席した。パフォーマンスを鑑賞し、音楽にあわせて手拍子をする場面もあった。

 コンサートは、障害者やその家族らがダンスや音楽を自由に楽しむもので今回で10回目。佳子さまは学習院女子高等科時代に文化祭でダンスを披露して話題になるなど、ダンス好きとしても知られている。関係者によると、佳子さまは「私も高校時代にダンスをしていました」と話しながら鑑賞していたという。紀子さまは学生時代に沖縄やタイの踊りの経験があるとし、「足や腰の使い方が似ていますね」などと話していたという。

 その後、演技者らと懇談。紀子さまは「たくさん練習したんでしょうね」、佳子さまは「踊る曲はどうやって選ばれているんですか」などと声をかけ、笑顔で参加者と握手をする場面もあった。