拡大する写真・図版 米兵の少女暴行事件に抗議する沖縄県民総決起大会に出席した大田昌秀知事=1995年、沖縄県宜野湾市

[PR]

 沖縄戦を経験し、生涯、反戦を主張し続けた元沖縄県知事の大田昌秀さんが亡くなった。米軍の基地問題を訴え、知事時代は国とも激しくぶつかった。志半ばで逝った6月12日は、大田さんの92歳の誕生日でもあった。

沖縄戦の記憶、胸に

 12日は誕生日で、病室に家族や琉球大教授時代の教え子ら5、6人が集まり、ベッドを取り囲んでいた。午前11時半からの誕生会。主治医や看護師も一緒に「ハッピーバースデー」を歌う様子を、目を輝かせて見ていた。歌が終わると、すーっと眠るように息を引き取った。11時50分だった。

 みとった教え子の一人で元沖縄タイムス記者の玉城真幸さん(75)は「覚悟はしていたが、本当に残念」と話した。ここ数日はほとんど話ができない状態だったという。

 玉城さんは卒業後も大田さんとの付き合いを続けてきたが、話題はいつも政治のことばかり。それでも、戦争体験が、かさぶたを破るように噴出したことがあった。本土復帰の直前、バーで酔った大田さんは取りつかれたようにジュークボックスでひたすら「艦砲ぬ喰(く)ぇーぬくさー(艦砲の食い残し)」をかけ続けた。沖縄戦で生き延びた人々の心境をつづった歌。「恐ろしくて……。多くの級友を失ったすさまじい重みをいつも背負っていたんでしょう」

 大田さんは知事時代の1995…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら