[PR]

 瀬戸内海に浮かぶ青島(愛媛県大洲市)は、一周わずか約4キロの陸地に、人間15人・猫150匹が住む「猫の島」だ。一緒に楽しく暮らしたいと、エサやりや去勢などを先頭に立って担うのが、住民で作る「青島猫を見守る会」会長の紙本直子さん(66)。過疎の島で、たくさんの猫と生きる日常や、未来への思いを聞いた。

青島猫を見守る会・紙本直子さん

 ――夫婦で漁を営みながらの、猫との生活。どんな日常ですか。

 「朝おきたら、玄関を開けて、集まっとる猫に『おはよう、みんなそろってるかなー』ってごあいさつして。エサやりは手分けしとるから、いつもうちの前におるのは30~40匹かな。島の猫はだいたい顔で分かるから、そう間違うことはないです。みんなの顔を見て安心したら、家のことをしてから猫のごはん。漁から戻ったら、帰ってきたでーって声かけたり」

 「昼間はフンを掃除したり、目ヤニがひどければ目薬を、親が育児放棄していれば哺乳瓶でミルクをあげたり。観光客の方があげすぎたエサが道に残っていれば、アリが寄るので片づけます」

 ――昔、漁師がネズミ対策で島に連れてきた猫が増えてしまい、地域で管理しようと3年前に会が出来たそうですね。なぜ会長を?

 「それまで、みんな自腹でエサを買っていたんです。でも、お金もかかるし、島から買いに出るのも大変。痩せてかわいそうだし、適切に去勢もすべきだといった声もあったみたいで、窓口になる会を作りました。会員になったのは夫を含めて4人。みんな年上で、仕方ないので会長になりました」

 「会を作ったら、ネットで支援を呼びかけてくれる方が現れて、エサを送ってもらえるようになりました。前は、勝手に戸を開けて家に入り、お供えのダンゴを食べる猫もいた。今はエサが足りなくなることもなく、毛並みも良くなったと言われます。私はネットは使えないですけど、感謝の言葉もネットに載せてもらっています」

 ――獣医師会などの協力で、去勢も進めていますね。

 「『何匹、定期船に乗せて』って連絡が来るんです。捕まえるのは大変よ。市によると約150匹ですけど、私は数えたことがないので、増えたか減ったか分かりません。観光客さんに『減ったのでは』と言われることはありますけど、まだ生まれてます。子猫はだんだんやんちゃになり、年がいった猫ちゃんは、どこかで自然とお隠れになる。その繰り返しです」

 ――色々大変ではないで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら