警察官の殺人容疑、福岡で46年前にも その逮捕日は…

有料会員記事

小野大輔
[PR]

 妻を殺害したとして、福岡県警の現職警察官が今月8日、殺人容疑で逮捕された。県警によると、県内で警察官が殺人事件で逮捕されるのは46年ぶり。ただ捜査資料が残っておらず、詳細は不明という。朝日新聞の過去の紙面を調べてみると、この逮捕と同じ日、今再び注目を集めている、ある事件が起きていた。

 当時の紙面によると、前回の殺人事件が発覚したのは1971(昭和46)年11月。福岡県南西部の現・八女市にある日向神(ひゅうがみ)ダムで、20代の女性がブロックを結びつけられ、ダムに沈められていた。

 県警は後日、県中央部に位置する添田町駐在所に勤務していた、30代の男を殺人と死体遺棄容疑で逮捕。男は既婚者で、妻ではない女性と交際をめぐるトラブルがあったという。

 男は田川市内のモーテルで女…

この記事は有料会員記事です。残り474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。