[PR]

 「詐欺だ!」。現金手渡し詐欺の被害に遭った女性は、自分の金を持ち去った男が乗ったタクシーを走って追いかけた。声を聞きつけた見知らぬ人同士の「リレー」が生まれ、男を取り押さえた。本人たちの話や、埼玉県警川口署への取材でその捕物を再現すると――。

 今月1日の夜。横浜市の無職女性(72)の家に「長男」から電話があった。「株で損した」。その後も「監査があるので300万円用意して」「司法書士が代わりに行く」と電話が続いた。信じた女性は2日、家に保管していた300万円を茶色のポリ袋に入れて自宅を出た。指示に従いJR赤羽駅へ。更に川口駅、川口市の中青木公園へと移動させられた。

 午後3時半ごろに着いた公園=写真①=でスーツ姿の男が待っていた。「お母さんですか」。声をかけてきた男に、女性は現金を渡した。男が立ち去った直後、女性は長男に電話。「大丈夫かい?」。長男の「そんな事実ない」という言葉で気付いた。

 詐欺だ。

 追跡が始まった。男は近くで拾ったタクシーに乗り込んだ。女性は「詐欺だ」と大声を出しながら、走って追いかけた。タクシーが約100メートル先の赤信号=写真②=で止まると、追いついた女性は男が座る後部座席の窓をドンドンとたたき「返して」と迫った。

 驚いたタクシーの運転手、川口市の坂口昌行さん(58)=写真③=が窓を開けた。女性は男の手から現金の入った袋を奪い返した。「ただ事ではない」と察知した坂口さんも事情を聴こうと車を降りたが、その隙に男は助手席に移り、ドアを開けて逃げ出した。

 今度は坂口さんが「詐欺だ」と叫ぶ。近くで工事をしていた空調設備会社社長の武智精一さん(59)や、さいたま市の会社員石塚勝規さん(47)らが取り押さえに「参戦」し、武智さんが男を追いかける間に石塚さんが110番通報。通報などで集まった警察官らによって、男は路上=写真④=で取り押さえられた。男のスーツは、追跡劇の間にビリビリに破れていた。

 詐欺容疑で逮捕されたのは、さいたま市中央区の無職の男(45)。仲間と共謀して電話役などを分担し、自身は「受け子」だったとみられる。「俺は関係ねえ」と述べた後は黙秘しているという。

 女性は「運良く取り戻せたけど、もしタクシーが赤信号で止まらなければ取り戻せなかった」と話しているという。川口署は坂口さんら3人に感謝状を贈った。坂口さんは「悪いやつだと思ったら自然と体が動いていた」。武智さんは「みんなと連係して逮捕できてよかった」、石塚さんは「こんな犯罪は未然に防げるような社会になればいい」と話した。(御船紗子)