[PR]

特派員リポート 山脇岳志(アメリカ総局長)

 4年あまりの米国勤務を終え、来月初旬に東京に帰任する。数えきれぬ思い出の中で、もっとも印象深く、また考えさせられるのは、昨年の大統領選から今に至るまでの「ポスト・トゥルース」現象である。「ポスト・トゥルース」とは、事実や真実が重視されない時代を意味する。昨年のオックスフォード英語辞典の「今年の単語」に選ばれた。

 大統領選中から、「ローマ法王がトランプ氏を支持表明」などといった事実に基づかないフェイク(虚偽)ニュースが氾濫(はんらん)した。トランプ氏自身、選挙中も、大統領就任後も、虚偽発言を繰り返した。それをニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、CNNといった伝統(主流)メディアが批判的に取り上げると、伝統メディアこそが「フェイク(虚偽)ニュースだ」と攻撃してきた。

 伝統メディアの多くが民主党寄…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら