拡大する写真・図版 地上約50メートルにある操縦室から、数センチ単位でコンテナを操る=神戸市中央区、水野義則撮影

[PR]

 ミナト神戸の物流を支えるのは、ガントリークレーンという巨大な機械だ。大型船が着くとアームを下ろし、船と陸との間でコンテナの積み下ろしをする。神戸港では50基近くが岸壁(がんぺき)にそびえ立ち、壮観な風景を形作っている。

時紀行:神戸港のガントリークレーン 1分12秒

 そのたたずまいから「海のキリン」と呼ばれる。神戸市のポートアイランドには、高さ約120メートルに達する「メガガントリークレーン」が林立する。そばで見上げると、押しつぶされそうな迫力だ。

 キリンの股の高さにある操縦室を移動させ、長さ40フィート(約12メートル)のコンテナの上へ。地上からは約50メートル、前面も床面もガラス張り。オペレーターは透明の床をのぞき込みながら左右のレバーを操る。

 目視でねらいを定め、カステラの箱ぐらいに見えるコンテナめがけて、「スプレッダー」と呼ばれるつり上げ装置を下ろす。

 カチャン。かみ合う音をたててコンテナの四隅に鉤(かぎ)がかかる。ワイヤをたぐり寄せ、操縦室ごと移動しながらコンテナを運ぶ。

 クレーンゲームのような要領だ。違うのは、水平、垂直の動きを同時に行い、横から見るとコンテナが斜めに動いていること。これでスピードがぐんと上がる。

 港湾総合物流大手の上組(かみぐみ、神戸市)は3基のメガガントリークレーンを扱う。操縦できるのは資格を持った限られた人だけ。「港の花形」といわれるゆえんだ。

 ベテランだと1個につき1分12秒、1時間に最大50個のコンテナを積み下ろしできる。海外では平均20~30個というから、その技術の高さは際立っている。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら