【動画】被爆者らが核廃絶を求め、新宿をパレード=川村直子撮影
[PR]

 核兵器禁止条約の交渉会議が再開した国連本部のある米ニューヨークで現地時間の17日、各国のNGOが参加する「核兵器を禁止する女性行進」が催されるのに合わせ、日本各地でも17日、核廃絶を求めるパレードがあった。

 東京・JR新宿駅周辺では、東京の被爆者団体「東友会」の呼びかけで「核兵器なくそう!おりづるパレード」を開催。女性行進のシンボルカラーの赤い服を着たり、折り鶴を持参したりした参加者約250人が、広島、長崎の被爆者を先頭に約2キロを練り歩き、条約制定を訴えた。

 米国では16日、すべての国に核兵器禁止条約の締結を求め、国内外から集まった296万3889筆の署名目録を、被爆者の代表が交渉会議の議長に手渡した。