[PR]

 鳥取のコーヒー文化をもっと盛り上げたい――。自家焙煎(ばいせん)をする県東部のコーヒー店4店がグループ「Local coffee Roaster」(LR)を結成し、様々なコーヒー体験を提供する「コーヒーセッション」を始めた。5月の第1弾に続き、今月末には親子で自家焙煎が楽しめるイベントを開く予定だ。

 豆の個性を引き出すには本当にこれでいいのか、探求の連続だという自家焙煎。「僕たちが横につながることで、さらにおいしいコーヒーをいれられるよう、スキルアップしていけるんじゃないか」。「TOTTORI COFFEE ROASTER」(鳥取市商栄町)を営む田中治さん(40)はそう話す。共通の客の紹介もあって4店のつながりができ、1月にLRを結成したという。

 田中さんが昨春、コーヒーのドキュメンタリー映画の上映会を店で開いた時、協力したのが林裕介さん(29)だ。道の駅清流茶屋かわはら(鳥取市河原町高福)でコーヒースタンド「The Affectionate Coffee」を営業している。「世界にはたくさんのコーヒーがあり、その数だけ個性があることを伝えていきたい」

 「前はコーヒーが飲めなくて好…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース