[PR]

 「総理のご意向」などの発言があったとする文書を公開した文部科学省。そんな発言の認識はないと否定する内閣府。獣医学部新設計画をめぐって食い違う説明に、野党は追及を強めた。16日の国会では、萩生田(はぎうだ)光一・内閣官房副長官や山本幸三・地方創生相らに質問が集中した。

「総理の指示ない」主張繰り返す

 「『総理のご意向』と文書の中にある。これは事実なのか」

 16日午前、参院内閣委員会。民進の桜井充氏は、前日の文科省の再調査結果を踏まえ、発言者として文書に名前があった内閣府の特区担当、藤原豊審議官を問いただした。

 藤原氏は手元の紙を見ながら「(文科省に『総理のご意向だと聞いている』などと)お伝えした認識はない」と否定。「総理からもそういった指示はございません」と従来の主張を繰り返した。

 ただ、藤原氏は安倍晋三首相が普段から規制改革全般にスピード感を重視しているとして「私ども事務方が関係各省と議論を行う際に、こうした総理発言に言及させていただくことは十分あり得る」とも述べた。

 一連の文書をめぐっては、松野博一文科相が15日、「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと記した文書が省内に存在することを発表した。文書は文科省の課長補佐が作ったとされ、課長補佐は「(内閣府側から)こうした趣旨の発言があったのだと思う」「総理のレベルに話が行っているんじゃないかと感じた」と説明したと明らかにしている。

 参院内閣委で否定を繰り返す藤…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら