14歳の藤井四段、深夜まで続く対局は大丈夫?

有料会員記事

山田佳奈、深松真司
[PR]

 昨年12月のデビュー以来公式戦26連勝の快進撃を続ける将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)。対局は時に夜遅くに及ぶ。少し気になるのは、未成年の深夜労働規制だ。17日午後には、公式戦連勝記録歴代1位タイへの王手をかけて、対局に臨む。

 公式戦の連勝記録を26に伸ばした15日の第76期順位戦の対局は、午前10時に始まり午後10時53分に終わった。藤井四段にとって、これまでで最も遅い終局時刻だった。報道陣から「疲れはないか」と問われると、「特に問題ないです」と笑顔で応えた。その後も感想戦があり、会場を後にした時には午前0時を回っていた。

 将棋の対局では、タイトル戦…

この記事は有料会員記事です。残り1089文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら