[PR]

 米中西部ミネソタ州の裁判所の陪審員は16日、昨年7月の黒人男性(当時32歳)の射殺事件で過失致死罪などに問われた警官ジェロニモ・ヤネズ被告(29)に無罪判決を言い渡した。米国では黒人男性が警官に射殺される事件が繰り返されており、同州セントポールでは判決後に抗議活動が起きた。

 この事件を巡っては、撃たれて血だらけになったキャスティールさんが運転席でのけぞり、動かなくなるまでの様子を、交際相手の女性が助手席から動画配信して全米の注目を集め、各地で抗議運動が拡大。直後にはテキサス州で警察官が黒人に射殺される事件も起きた。

 AP通信によると、被告は昨年7月6日、同州セントポール郊外の路上で職務質問の際、車に乗っていたフィランド・キャスティールさんを車外から射殺した。被告はキャスティールさんがポケットから銃を取り出そうと手を伸ばしたと主張。一方、現場に居合わせた交際相手の女性は、免許証を取り出そうとしただけだ、と訴えていた。検察は被告の「過剰反応」を主張した。

 被告側は、キャスティールさんの車のライトが壊れていたことなどを理由に停車を命じていた。(ニューヨーク=金成隆一)