[PR]

 イモ洗い行動で知られる天然記念物のニホンザルが生息する宮崎県串間市の幸島(こうじま)で、サルが歩いて対岸に渡る行動を始めた。砂が堆積(たいせき)して対岸と陸続きになったためで、サルの「離島」を防ぐために市が委託している監視員が目撃した。京都大野生動物研究センター幸島観察所によると、ボスザルが渡った可能性が高いという。

 約100匹のサルがいる幸島は対岸と200~300メートル離れているが、3月ごろから干潮時は歩いて行き来できるようになった。市は4月から昼の干潮時に監視員を置き、棒を振るなどして離島を阻んできた。

 ただ、砂は増え続け、6月には干潮時の幅が100メートルほどにまで広がった。それにつれて、島の陸側に姿を見せるサルが増えていた。監視員によると、13日午後6時ごろ、島の陸側に現れた15匹ほどのサルのうち1匹が、目を離した隙に砂の上を走って対岸に渡った。

 16日午後1時ごろには逆に、対岸の駐車場付近から島に向かうサルを複数の人が目撃した。監視員の一人は「突進するように島に向かった。潮がひくのを待って島に戻ったのかも。島と陸の間を行き来するサルが出てきたようだ」と話した。駐車場のそばで店番をしていた女性も「こちらから島に渡って崖を登るサルを見た。陸に来ることに慣れなければいいが」と心配する。

 幸島観察所によると、渡っているのはボスザル「ケイ」とみられる。昨夏にナンバー3から一挙にボスの座を射止めた9代目で、今月6日ごろから群れからしばしば姿を消すようになった。観察所職員の鈴村崇文さんは「好奇心が強く対岸の山への興味が膨らみ、渡っていると思う。ケイがいない間はナンバー2の『シカ』が群れの中心に居座るが、ケイが戻ると中心の座を明け渡している」。現段階では群れに大きな影響はないという。

 市教委の宮田浩二係長は「監視員がいない隙を見はからい、対岸に渡ったようだ。人や農作物の被害がないよう注意しつつ、状況を見守りたい」と話した。(稲野慎)