[PR]

 県は20日、関東各地で16日に発生した降ひょうにより、県内での農業関係の被害額が速報値で約4億7410万円になったと発表した。

 農作物の被害額は、葉タバコが1億5810万円(被害面積51・1ヘクタール)と最多で、梨が3850万円(同69・6ヘクタール)、キャベツが1270万円(同3・6ヘクタール)なども影響があった。施設への被害はパイプハウスなど698件で、2億3080万円だった。

 被害は桜川市のほか石岡、筑西、土浦、つくば、かすみがうらの各市で発生。桜川市農林課によると、ひょうは夕方から約30分にわたって降り、大きいものだとピンポン球程度の大きさがあったとしている。(重政紀元)