[PR]

 三重県鳥羽市沖に浮かぶ菅島(すがしま)。人口600人足らず。この島で暮らす老夫婦に、毎月、78個の「おかゆ大福」が届く。

 やわらかくしたあんこを米粉で包んだ和菓子。「かまなくても口でとろける」のが売りで、伊賀市の老舗和菓子店が販売する。注文したのは、中村佐七さん(79)、かずさん(77)。

 午前10時。和室のベッドで寝ている佐七さんに、かずさんが声をかける。「じいちゃん、これ」。親指と人さし指で丸をつくる。大福の時間のサインだ。

 ピンポン球くらいの大福を、か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら