[PR]

 デビュー戦から負けなしの公式戦28連勝を達成した将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が21日夕、大阪市内であった王将戦1次予選4回戦での終局後、報道陣の質問に答えた。主なやり取りは以下の通り。

 ――対局を振り返っての感想は。

 先に攻められる展開になってしまいましたが、なんとかしのいで反撃の形になったのがよかったかなと思います。

 ――連勝のタイ記録がかかる対局でした。

 普段通りと思って臨みました。

 ――記録を達成された心境は。

 本当に思ってもみなかったことなので、非常に幸運というか、ツキがあったのかな、と感じています。

 ――相手は前回苦戦した澤田真吾六段だったが。

 前回苦戦したので、今日は内容のいい将棋を指したいと思っていました。

 ――次戦に向けて一言。

 次は竜王戦の決勝トーナメントという大きな舞台ですし、相手も強敵の増田(康宏)四段と言うことで、気を引き締めて臨みたいと思っています。(渡義人)