【動画】公式戦28連勝を達成し、記者会見に臨む藤井聡太四段=安冨良弘撮影
[PR]

 21日午後4時47分、先輩の澤田真吾六段(25)が投了を告げた。中学生棋士の藤井聡太四段(14)が、歴代最多の連勝記録に並んだ瞬間だった。

 藤井四段の勝ちが決まると、100人近い報道陣が一斉に対局室になだれ込んだ。藤井四段は、カメラのフラッシュを浴びながら、「前回苦戦したので、内容のいい将棋を指したいと思っていた。反撃できる形になり(勝てて)良かった」と静かに語った。28連勝の感想については、「非常に幸運だった」「ツキがあった」。笑顔はなく、控えめな言葉だけを口にした。

 大一番でも、落ち着いていた。相手の澤田六段は、今月2日の20連勝の時に最終盤まで苦戦を強いられた若手実力者だ。その積極的な攻めを、藤井四段は冷静にしのいだ。

 勝負どころでは、盤に覆いかぶさるような前傾姿勢で読みを入れ、機を捉えて反撃に転じた。そして、最後は流れるように、相手玉を寄せきって快勝した。澤田六段は完敗を認め、「いい将棋を指したかったが、熱戦にならなくて残念。藤井四段はミスが少なく、隙がなかった」と語った。

 対局を振り返る感想戦を終え、藤井四段の記者会見が始まった。「永久に破られない」と言われた30年前の大記録に並んだ14歳は、ここにきて、うつむきながらも、ようやく笑顔を見せるようになった。

 昨年10月にプロとなったばか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース