拡大する写真・図版 那覇市にあった市場の様子。人工知能を使って自動で色づけした写真を現地の資料や記憶を元に補正(レタッチ)をしたもの。この写真をもとに、これから現地で取材を進めていく(無断転載・複製を禁じます)

[PR]

 人工知能(AI)と沖縄の人々の記憶が、82年前の「色」をよみがえらせる――。朝日新聞と沖縄タイムスは、首都大学東京の渡邉英徳准教授のチームとともに、戦火にさらされる10年前、1935年撮影の沖縄の白黒写真を、現実の風景に近づけていく取り組みを始める。

 早稲田大の石川博教授らの研究グループが開発した、人工知能を使った自動色づけの技術などを活用し、カラー化した。ただ、人工知能が判断材料とするデータの蓄積が少ない沖縄特有の風景や建物の色もあるはずで、今後、現地での取材を重ねて、当時の姿になるべく近いものに修正していく。カラー化した一部の写真は、取材過程とともに紙面やデジタル版で紹介する。

 戦後72年。戦争を知る世代は少なくなっている。45年の沖縄戦で焦土と化した沖縄。戦争の悲惨さを改めてかみしめるきっかけになるよう、その10年前の姿を色鮮やかに再現していく。

 沖縄タイムスを休職して渡邉准教授(情報デザイン)の下で学んでいる與那覇(よなは)里子さん(34)とともに、両社の記者が、失われた沖縄の「色」を追いかける。

 写真は35年に、大阪朝日新聞の記者が撮影。朝日新聞大阪本社に大量のネガが保存されていた。戦前の沖縄の写真の多くは焼失しており、貴重な写真群。