[PR]

 21日夜に起きた東海道・山陽新幹線での停電の影響は翌22日未明まで続き、足止めされた乗客らは各地で疲れた表情を見せた。

 新大阪駅には22日午前1時15分ごろ、立ち往生していた下り列車の乗客が到着し始めた。売店は飲み物やパンを買う人であふれ、タクシー乗り場では200メートルほどの行列が出来た。

 「早く家に帰りたいですね」。午前1時半ごろ、改札から出てきた大阪府八尾市の自営業、北田悟さん(48)はそうこぼした。

 前日の21日午後5時ごろ新横浜駅から乗ったが、京都駅を過ぎるとゆっくり停止した。30分ほどで動き出したが、約5分後に急ブレーキ。窓の外に稲妻のような青白い火花が飛んで「バチッ」という音がし、車内が暗くなった。

 車内灯は約1時間でついたが、そのまま5時間以上「缶詰め」に。「みんなで短時間ずつコンセントを使い、スマートフォンの充電をした」。北田さんはパソコンで仕事をしたという。

 小倉駅から上り列車に乗車した北九州市の会社員、宮崎啓雄(あきお)さん(57)は22日午前1時ごろ、新神戸駅に着いた。途中たびたび停車したり、岡山駅と姫路駅で別の新幹線に乗り換えさせられたり。「兵庫県西宮市の寮に向かうが、タクシーしかない」とぐったりした様子だった。

 東京駅に用意された「列車ホテル」の車内は多くがスーツ姿の男性。ホームでは売店が臨時オープンした。大阪からの出張帰りという東京都の映像作家、柴田剛さん(42)が買ったのはハイボール缶。「明日は仕事が昼からなんで。あ、いや、もう今日か」。新大阪でも東京でも、駅員に怒鳴る人を見た。「何が起こっているのかよくわからなかったけど、みんな、ストレスを感じているんだと思った」

 新幹線は22日の始発からほぼ平常通りの運行に。東京都の会社員男性(28)は午前5時45分ごろ、疲れた表情で新大阪駅で切符を購入。21日に日帰り出張の予定で来たが、ニュースで停電を知り、帰宅を諦めた。

 駅近くの友人宅に泊まったが、「会社を休めないので始発で出社します」。目をこすりながら駅に入っていった。

     ◇

 東海道新幹線で21日に起きた架線切断事故は、新幹線にとって「生命線」である電気が長時間供給できなくなる異例の事態となった。JR東海は22日、原因調査を始めた。

 同社によると、断線したのはパンタグラフと接するトロリー線と呼ばれる架線。摩耗が切断前にわかるように2本の検知線が中を通っているが、2本とも切れていた。トロリー線は頻繁に点検しており、断線は珍しいという。

 また、断線現場で立ち往生した列車の車体には切れた線が触れたとみられる傷があった。その先行の列車にも同様の傷があったほか、パンタグラフには焦げたような痕もあったという。

 東海道新幹線では2010年1月に横浜市で、整備ミスでパンタグラフが脱落し、トロリー線を支える補助吊架(ちょうか)線と呼ばれる架線を切断。約15万人に影響する停電が起きている。