[PR]

 昭和の面影を色濃く残す、大宮駅東口を象徴するビルの一つが姿を消す。黒い壁とレトロな雰囲気が特徴の「大宮中央デパート」(さいたま市大宮区)。半世紀にわたり、大宮の街を見守ってきた名物ビルが、再開発で25日に営業を終えた。7月から取り壊し作業が始まる。

 大宮中央デパートは1966年に完成し、同年12月7日にオープンした。駅東口から東へ伸びる大宮中央通りと、それに交わる中山道に面したL字形で、地上6階、地下1階の鉄筋コンクリート造り、延べ床面積約1万平方メートル。

 開店当日の朝日新聞埼玉版には「地階(地下)は食料品、家庭日用品、一―三階が洋品名店街、四階が衣料品、五階は食堂のれん街、六階に大宮名産の盆栽や園芸、愛がん動物売場、屋上にこども遊園施設を備えた同市(当時の大宮市)では最も大きい本格的デパート」とある。広告では「あなたの生活に直結するファミリーデパート」と銘打った。

 大手百貨店と異なり、個人商店中心の協同組合の運営でスタート。小さな店が多い「寄り合いデパート」の印象が強かったという。だが店主の高齢化などで撤退する店が増え、最近は屋上がフットサル場になり、スポーツ用品や衣料品店、居酒屋などが入る雑居ビルのようになっていた。

 近くで八百屋を営む野本武さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら