[PR]

 紆余(うよ)曲折を経て、20日の株主総会で、東証1部への復帰申請を発表したシャープ。「中の人」の公式ツイッターも企業の広報ツールという枠を超え、ファンを広げている。

 フォロワー(登録した読者)数は今月中旬、40万超を達成した。今春には大阪広告協会の「やってみなはれ佐治敬三賞」を受賞。「特筆すべきチャレンジ」と評価された。

 初めから順調なわけではなかった。アカウント(登録名)の開設は2011年6月。社員として「アクオス」などの広告づくりに携わってきた山本隆博さんが「つぶやき役」に指名された。けれど、フォロワーはなかなか増えなかった。

 転機は逆風のさなかに訪れた。12年8月、会社は業績不振から、大幅なリストラ計画を発表。自分にできることは何だろうと迷った末、「きょうは眠れるかな…」と書いたら、500超のリツイート。「切ない」「応援してます」などの言葉がネットにあふれた。

 山本さんは「それが初めての体温を感じさせるようなツイートだったかもしれません」と振り返る。以後、一(いち)社員としての言葉を織り交ぜるようになると、1日数百人のペースでフォロワーが増えていった。「基本的にSNSは個人同士がつながるもの」と考える山本さんが心がけているのは、宣伝を前面に出すのではなく、「社を半分おりて個人になる」ことだ。

 15年5月、3月期決算で2千…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら