[PR]

 サッカーJ1ガ大阪は23日、MF堂安律(19)がオランダ1部のフローニンゲンへ期限付き移籍すると発表した。契約期間は7月1日から2018年6月30日まで。25日の川崎戦がガ大阪として移籍前、最後の試合になる。

 堂安は23日午後、吹田市内で記者会見し、「自分の成長のために、まずは1年間、死にものぐるいでチャレンジしたい」と抱負を語った。5月に韓国であったU20(20歳以下)ワールドカップで世界でも戦える手応えを感じたことが移籍のきっかけといい、「あの大会で想像以上に感じた部分が大きい」。

 昨年もオランダのクラブから誘われていたが、まだガ大阪で活躍していないということもあって断った。しかし、今季はここまで9試合に出場して3得点。定位置をつかむまでに成長した。「ジュニアユースから育ったガンバに愛着があるし、タイトルを取ってからという選択肢もあった。でも、申し訳ないけど、成長したいし、スタートラインに立ちたいと思った」

 その背景にはA代表への強い思…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら