[PR]

 本屋発のベストセラーが各地で生まれている。「手にとってさえもらえれば」と、本の一部をあえて読めなくしたり、書店員の名を冠した賞を創設したり、きっかけ作りに工夫を凝らす。薦める作品への自信が、書店員たちを動かしている。

 東京都江東区の紀伊国屋書店ららぽーと豊洲店。レジ脇にあるワゴンに、巻末の「解説」がフィルムで覆われて読めない文庫本が並ぶ。約2カ月で1千冊以上を売り上げている。

 ミステリー小説「イノセント・デイズ」(早見和真著)だ。文庫化にあたり、解説を人気作家の辻村深月(みづき)さんが手がけた。フィルムで覆った解説ページに挟み込まれた紙に、「文庫担当者から」とある。《物語の本質にそっと寄りそうような辻村さんの目線》などと解説そのものをPRする内容が書き込まれている。

 近くに住む会社員、桑原健さん(46)は「推薦する本なのに、手にしたら解説が読めない。そこまでするならと思い、買うことにした」と話す。

 3月にこの試みを始めてから売り上げは10倍に跳ね上がった。仕掛け人の同店員平野千恵子さん(49)は「リベンジなんです」。

 ハードカバー版の単行本が発売…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも