[PR]

 25日午後2時半ごろ、岐阜市上川手の名鉄名古屋本線の踏切で、同市上川手に住む県内の大学准教授、羽賀新世さん(52)が須ケ口発名鉄岐阜行きの下り普通列車(2両編成)に接触し死亡した。乗客や乗務員にけがはなかった。岐阜南署によると、羽賀さんは犬を散歩中、遮断機が降りた踏切内に入った犬をリードで引っ張ろうとして、電車と接触した。犬も死んだという。名鉄によると、この事故で名鉄一宮―名鉄岐阜間の上下線で約2時間運転を見合わせた。