[PR]

 大分市が発祥とされる「ニラ豚」をアレンジした「大分にら豚丼」が27日から、九州各県のローソンで期間限定で販売される。ニラの消費拡大をめざし、ニラ豚のPRに力を入れる大分市役所で26日、お披露目され、試食した佐藤樹一郎市長は舌鼓を打っていた。

 ニラ料理といえば、ニラ玉やレバニラとされる中、大分市の場合はニラ豚。市によると、「大分市の特産品を使ったご当地メニューを作ろう」と市内の中華料理店が1970年ごろに開発したのが始まりとされる。現在、市内56の飲食・総菜店でニラ豚を提供しているという。

 市農政課によると、大分県はニラの出荷量が全国5位(2015年度)。県全体の出荷量のうち半分以上は大分市産という。市は昨夏からニラの消費拡大のため、「にら豚PR大作戦」と銘打ち、特設ホームページの作成など広報活動を展開している。

 ローソンの「大分にら豚丼」は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら