[PR]

 福岡県久留米市で13年前、交際相手の女性とその息子(生後7カ月)が殺された事件で、殺人罪に問われた佐賀県伊万里市の無職吉富和彦被告(48)に、福岡地裁(裁判員裁判)は26日、求刑通り無期懲役を言い渡した。丸田顕裁判長は「動機は自己中心的かつ短絡的で同情の余地を見いだせない」と述べた。

 判決によると、妻子がいた吉富被告は、別に交際していた志賀勝美さん(当時28)に結婚を求められ、2004年12月下旬、久留米市の志賀さん方で志賀さんを包丁で刺し、2人の間に生まれた和音(かずと)ちゃんの首を絞めて2人を殺害した。

 弁護側は、被告が遺体を埋めた場所を自白したことを挙げ「反省する気持ちがあった」とし懲役13~15年を求めたが、判決は「刑事責任は重大で、有期懲役刑を選択することが相当とはいえない」と判断した。(加藤美帆)