[PR]

 トランプ米大統領は26日、オバマ前政権下で「ロシア疑惑」への対応をしなかったなどとして、「謝罪があるべきだ」とツイッターにつづり、オバマ氏に責任を転嫁した。

 トランプ氏は「オバマ大統領は(民主党候補だった)クリントンが勝つと思い、波風を立てぬよう、何もしなかった」と批判した。

 トランプ氏の念頭にあるのは米紙ワシントン・ポストの報道。同紙によると、オバマ氏は昨年8月、ロシアがプーチン大統領の指示で米大統領選に介入しているという報告を受けた。しかし、オバマ氏は選挙中に対応すると政治的だと受け取られることを懸念し、対応が遅れたとしている。

 トランプ氏はオバマ氏の対応に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら