[PR]

 県内が空梅雨に見舞われている。雨不足が農作物に影響を及ぼす恐れがあり、関係者は不安を募らせる。

 「梨の生育が『伸びていない』。大玉と比べ半値しかつかない可能性もある」。50年以上にわたって梨を育てる下妻市果樹組合連合会の粟野陽一会長(72)はため息をついた。

 下妻市は県内有数の梨産地だ。梨は夏から秋に収穫期を迎え、梅雨の時期の雨量が生育に影響を及ぼす。「7月中旬以降に雨が降っても、梨は大きくなりにくい。近々まとまった雨が降れば良いのですが」と粟野会長はこぼす。

 水戸地方気象台によると、関東…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら