[PR]

 山梨県山梨市の市長の元妻が経営する会社を巡る詐欺事件で、警視庁は27日、石材販売会社「差出石材」(同市)社長で元妻の望月治美容疑者(61)=東京都豊島区=を詐欺容疑で再逮捕し、発表した。「うそをついてお金を取ったことは認めるが、いつか返そうと思っていた」という趣旨の供述をしているという。

 捜査2課によると、望月容疑者は2012年4月~13年2月ごろ、石材の仕入れ資金名目で埼玉県の60代の男性から計1億2700万円を詐取した疑いがある。同課は、詐取金の総額は3億数千万円に上るとみている。望月清賢市長も一時期、同社の社長を務めていた。同庁は今月6日、この男性から2300万円をだまし取ったとして望月容疑者らを逮捕していた。