[PR]

 米国では2016年の大統領選挙へのロシアによる介入の有無を究明する努力が続いているが、オーストラリアではその政治システムがいかに外国の影響を受けやすいか、すでに中国の干渉があるのかといった問題をめぐって熱い論争が起きている。

 オーストラリアの情報機関の最高幹部が最近、2人の著名な中国系ビジネスマンがオーストラリア政界の各方面に多額の献金をしているとする報告書を明らかにし、問題が表面化した。この中国系ビジネスマン2人は、中国政府の意を受けて行動している可能性があるとみられている。

 このうちの1人は16年、ある政党への高額な献金を取りやめた。同政党の南シナ海紛争(訳注=南シナ海の島々の領有権をめぐって、中国がフィリピンやベトナムなど周辺国と対立している問題)に対する政策が、献金するのを取りやめた理由だが、彼が同党の政策を中国寄りにさせようと舞台裏で工作していたことをうかがわせる。

 中国による干渉の有無は、オー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも