[PR]

 米ホワイトハウスは26日、シリアのアサド政権が化学兵器を使う兆候があるとの声明を発表した。化学兵器を使用した場合には対抗措置をとると警告した。

 声明はスパイサー報道官名で、「米国は、子供を含む市民を大量に殺害する化学兵器を、アサド政権が使用する準備をしている兆候を特定した」とした。今年4月に、アサド政権による化学兵器の使用を断定した時と同様の兆候だという。

 その上でスパイサー氏は、米国の目的を過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討だとしつつ、「もし、アサド氏が化学兵器で大量殺害を行うなら、その重い代償を払うことになるだろう」と警告した。

 トランプ政権は今年4月、アサド政権が化学兵器を使用したと断定。対抗措置として政権軍の空軍基地を巡航ミサイルで攻撃した。アサド政権側は化学兵器使用を否定。アサド政権の後ろ盾であるロシアと、米国の関係が悪化する原因となった。(ワシントン=杉山正)

こんなニュースも