[PR]

 大日本住友製薬が、次の主力薬にしようと開発を進めている抗がん薬「ナパブカシン」の発売が大幅に遅れる見通しになった。同社によると予定より少なくとも2年遅れ、2020~22年度になるという。経営への影響も出そうだ。

 ナパブカシンは、がんをつくり出す「がん幹細胞」を直接攻撃する薬で、比較的安い製造費で効果が出ると期待されていた。だが胃がん患者での臨床試験(治験)では、既存の薬と比べ高い効果が出ず、事実上失敗した。今後は結腸直腸がん患者向けなどの開発に集中するという。

 同社は、主力の抗精神病薬「ルラシドン(商品名ラツーダ)」の売上高が全体の約3割を占める。だが、売上高の大半を占める北米で19年に特許切れとなるため、その穴埋めとなる新薬の開発を急いでいた。ナパブカシンはその一つで、年間売上高1千億円を超えるとみていた。(新田哲史)

こんなニュースも