[PR]

 今季のヤクルトは他球団を戦力外になった選手の働きが目立つ。「苦労人」の躍動はファンの心を打つが、どうしてヤクルトに多いのか。球団事情を探ってみた。

 6月10日のロッテ戦の先発には、3人の戦力外経験者が並んだ。3番中堅の坂口智隆、5番指名打者の大松尚逸、8番左翼の鵜久森淳志。他球団ではあり得ない現象だろう。

 坂口は2年前、オリックスから野球協約で決められた減額制限を超える減俸を提示され、自由契約を選んだ。ここまで72試合に出場し、主に1番で打率2割7分3厘。杉村繁チーフ打撃コーチは「絶対に外せない主力の一人」と言う。元ロッテの大松、元日本ハムの鵜久森は時に中軸を任される。

 楽天、巨人と渡り歩いた捕手の井野卓も、長い2軍生活を打ち破る活躍を見せた。6月半ばには捕手にけが人が相次ぎ、33歳の井野が1軍昇格した。楽天からトレードで巨人に移り、戦力外になってヤクルトに拾われたが、過去2年で出場は2試合だけ。それがけが人が戻るまでの代役として、短い期間で「4年ぶりの犠打」「6年ぶりの安打」「7年ぶりの打点」を挙げた。

 なぜヤクルトでは「苦労人」が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら