写真・図版

[PR]

 保険外診療に伴う診察や検査について、例外的に公的医療保険を適用する「患者申出(もうしで)療養」が昨春、始まった。命にかかわる病気と闘う患者の思いに応え、臨床研究として行われる。だが、参加条件の緩和で有効性や安全性が十分検証できない可能性がある。

胃がん転移で初適用

 大阪府に住む50代女性は昨年11月、人間ドックで胃がんが見つかった。がん細胞が胃の外側の膜を破って、おなか(腹腔(ふくくう))の中に種をまいたように散らばる「腹膜播種(はしゅ)」とわかった。この転移がある胃がんは手術が難しく、5年生存率はほぼゼロと言われている。

 女性は昨年末、胃がんの腹膜播…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら