【動画】まるでドラマー ビート刻むオウム 豪州に生息=サイエンス・アドバンシズ誌提供
[PR]

 豪州などに生息するオウムの仲間ヤシオウムのオスが、折った小枝などを止まり木に打ちつけて音を鳴らし、独特のリズムを刻む習性があることがわかった。メスを引きつけるためとみられる。野生生物が手足など体の一部を使って音を出したり、エサをとるために道具を使ったりする例はチンパンジーなどで知られているが、道具で音を鳴らす行動が確認されるのは初めてという。

 オーストラリア国立大などの研究チームが米科学誌「サイエンス・アドバンシズ」に論文を発表した。チームは7年がかりで、野生のヤシオウムのオス18羽が小枝などを繰り返し打ちつけて音を鳴らす行為を計130回以上観測。打ちつける間隔は、小刻みな連打から3秒近くまで幅があり、個体ごとに独自のリズムを持つらしいこともわかった。鳴らす頻度は、メスが近くにいた方が2倍以上多かったという。

 鳴らす時は、鉛筆ほどの長さに折った小枝などを足でつかみ、ロックバンドのドラマーのように頭を深く振る。とさかのような羽毛が逆立ち、翼を広げたり、鳴き声を上げたりすることもある。性的に興奮していることを示す、ほおの赤みが増す現象が現れることもあるという。チームのハインソーン・オーストラリア国立大教授は「鳥がリズムを刻む行為を人と比べることで、人間の音楽がどのように始まったのかを探る手がかりにもなる」としている。(ワシントン=小林哲

関連ニュース