[PR]

 韓国の大統領府は、文在寅(ムンジェイン)大統領が演説で2011年の福島第一原発事故で「1368人が死亡した」と発言したのは「ミスだった」とする見解をまとめた。29日、韓国政府関係者が朝日新聞に明らかにした。この発言をめぐっては、日本政府が22日、外交ルートを通じて事実誤認と指摘し、「極めて残念」と申し入れていた。

 文氏の発言は、同氏が19日、古里原発1号機(釜山市)の稼働停止を記念する式典で演説した際に出た。

 同関係者によると、大統領の演説文を準備したチームが「原発事故の関連死」と表現すべきところを、間違って「関連」という文言を抜いてしまったという。大統領府は「事務的なミスだった」としている。

 ただ一方で、大統領府は136…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。