[PR]

 名作映画には名訳あり。字幕は単なる直訳ではない。わずかな字数の中には、字幕翻訳者の知恵と工夫がつまっている。セリフの前後のつながりを考え、行間を読み、的確な日本語を選び出す職人技が、観客を映画の世界にいざなう。

 「君の瞳に乾杯」。

 映画「カサブランカ」で、ハンフリー・ボガートが酒場でイングリッド・バーグマンに向かって、「Here’s looking at you,kid(君を見ながら乾杯)」と言うシーンの日本語字幕だ。故・高瀬鎮夫の名訳は、作品と共に人々の記憶に残っている。

 黎明(れいめい)期から字幕に関わってきた故・清水俊二の『映画字幕は翻訳ではない』(早川書房)によると、日本で初めて字幕が付いた外国語映画は、1931年公開の「モロッコ」。興行的にも成功し、字幕が普及した。実は同年、吹き替え版の第1号「再生の港」も公開された。だが米国で暮らす広島出身の日本人が吹き替え、セリフが方言となり散々な結果になったという。無声映画時代は活動写真弁士の語り付きの上映が慣れ親しまれていたこともあり、清水は「もしこの日本語版がひととおりのできばえだったら」と記す。

 映画の字幕はセリフの直訳ではない。映像をみながら読める字幕には限りがある。目安は1秒につき4文字。会話や長いセリフをどう区切るのか。言葉遊びやギャグ、専門用語をどう表現するか。漢字やひらがな、カタカナの割合をどうするのか、翻訳者の腕にかかる。

 「ムーンライト」など数多くの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら