[PR]

 「寂しい……」。サッカードイツ1部シャルケのDF内田篤人(29)が30日、成田空港で本音を漏らした。ドイツに向けて出発する前の一幕。後ろ髪引かれる思いの元とは、何なのか。

 「一緒に帰れないんだよね」と内田が話したのは、昨秋生まれた第1子の長女のこと。8月18日に開幕する2017~18年シーズンに向けた所属クラブのキャンプに参加するため、家族を残し、一足先に日本を離れなければならないからだ。

 父親になってから、「しゃべり方と表情がやさしくなったと周りに言われる」と内田。オフの間は一緒に子ども向けのテレビ番組を見たり、動物園へ行ったりして過ごしたという。それでも仕事で家を空けることが度々あり、「俺のことを忘れてしまって、毎日『初めまして』状態。知らないうちにどんどん大きくなる」。やるせない思いを口にした。

 今朝は長女の寝顔を見てから家を後にした。「起こそうかとも思ったけど、かわいそうだったのでそのまま出てきた。かわいい」。まぶたに焼き付けたまな娘の姿を力に変え、所属クラブでのポジション争いに挑む。