[PR]

 環境省は30日、名古屋港の鍋田埠頭(ふとう)(愛知県弥富市)のコンテナターミナルで、強い毒を持つ外来種のアリ「ヒアリ」が見つかったと発表した。ヒアリは7匹で、ターミナル管理会社が27日、中国・広州市の南沙港から送られたコンテナの上で見つけた。殺虫処分した後、環境省が専門家に依頼して確認した。発見場所付近で繁殖している可能性は低いという。

 ヒアリは国内では今年5月、兵庫県尼崎市で初めて確認された。6月16日には神戸港で約100匹が見つかったことを受け、名古屋港管理組合が21日に、鍋田埠頭と飛島埠頭(愛知県飛島村)を調べていたが、その際は発見されなかった。

 南米原産のヒアリは赤茶色で体長2・5~6ミリ。攻撃性が高く、刺されるとやけどのような激痛が走り、アレルギー反応のアナフィラキシーショックによる死亡例もある。環境省は「発見したら地方環境事務所などに通報してほしい」と呼びかけていた。

 日本は2005年に特定外来生物に指定、輸入や飼育を原則、禁じている。定着すると根絶は難しく米国や中国、オーストラリアなどに生息域が広がっている。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/