写真・図版
[PR]

 過労死問題が注目を浴びるきっかけになった電話相談「過労死110番」が30年目を迎えた。これまでに弁護士たちに寄せられた相談は1万件を超える。被害を掘り起こす取り組みが必要な状況は今も変わらない。(牧内昇平、村上晃一)

父の日にちなみ6月に実施

 6月17日、東京・本郷の法律事務所。午前10時に一斉相談の受け付けが始まると、会議室に設置された10台の電話が鳴り響いた。

 「月100時間の時間外労働をさせられて体調を崩しそうだ」「夫が長時間労働で亡くなったのに労災が認められず、不服を申し立てたい」……。働き手本人や遺族などから次々と相談が寄せられた。

 この日は、「過労死110番全国ネットワーク」による一斉相談の日。父の日にちなんで毎年6月に実施している。

 過労死問題に詳しい弁護士やカウンセラーらが相談内容をメモにとり、会社と交渉する方法や法的な手続きなどについて助言していく。なかには、電話での相談にとどまらず、弁護士が後日に面会して本格的な調査が始まりそうな案件もあった。

 今年は32都道府県の法律事務所や医療機関に相談窓口が設けられ、全国で前年より6割多い計281件の相談が寄せられた。このうち、死亡事例の相談は19件だった。

■バブル時代から被害掘り起こし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら