[PR]

 東京都中央区銀座5丁目の路上で4月、自営業の男性(45)が現金7200万円入りのバッグを奪われた事件で、警視庁は31日、職業不詳、小笠原興人(20)=東京都府中市是政1丁目=、倉田祐太(23)=東京都八王子市暁町1丁目=の両容疑者と千葉県の県立高校2年の男子生徒(16)の3人を強盗容疑で逮捕し、発表した。

 小笠原容疑者と倉田容疑者は「よくわからない」「今は話せない」と話し、男子生徒は容疑を認めているという。

 捜査1課によると3人は4月21日午後1時半ごろ、中央区銀座5丁目の区道「すずらん通り」で、男性に体当たりをして転倒させ、現金約7200万円入りのバッグを奪った疑いがある。男性ともみ合いになり、現金の一部の3200万円を路上に落とし、残りの4千万円が入ったバッグを奪って逃げていた。

 男子生徒が男性に体当たりをし、小笠原容疑者がバッグを奪い、バイクで待機をしていた倉田容疑者に渡したという。男子生徒は小笠原容疑者から「金になるアルバイトがある」と誘われたと話しているという。事件当時、男性は金塊約15キロを換金した代金を近くの店で受け取った直後だった。同課は、3人が事前に金塊の取引情報を知っていた可能性もあるとみて調べている。