[PR]

 「蛍の光」が流れていた。防衛省正面の階段を一歩一歩下りながら、音楽隊の演奏を耳にした稲田朋美氏は、目元をハンカチでぬぐった。3日前、「監督責任」をとって防衛相を辞任したばかり。稲田氏にとって、31日の「離任式」が、最後の登庁日となった。

 1年前の8月、稲田氏は安倍晋三首相肝いりで、防衛相に起用された。かねて稲田氏を取材してきた私も、防衛省担当として、東京・市谷本村町の同省を取材拠点にすることになった。

 稲田氏にとって、防衛分野は「専門外」。自民党の政務調査会長を経験したとはいえ、お世辞にもこの分野の政策通とは言えなかった。首相から役職を告げられた際、思わず「自信がない」と口走ったという。それだけに、受け入れる側の防衛省・自衛隊側は2通りの反応を見せた。

 制服組(自衛官)を包んだのは、高揚感だった。首相が「将来のリーダー候補」と目をかけ、トントン拍子に出世してきた稲田氏。自衛隊幹部はこう言った。「防衛庁時代から言われてきた『三流官庁』というのは、もはや過去の話だ。これで本当の重要官庁になった」

 一方、背広組(防衛官僚)の中には、首相の「秘蔵っ子」だからこその不安を口にする人が少なくなかった。稲田氏が辞任に追い込まれた今、幹部の一人はこう打ち明ける。「傷をつけてはならないと思っていた」

■空回りしたアプ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも