[PR]

 2019年に愛知県で開かれる国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督にジャーナリストの津田大介さん(43)が1日就任し、県庁で記者会見を開いた。「名古屋には東京とも大阪とも違った独自の文化がある。愛知に来てみたいと思えるもの、愛知ならではのものを発信したい」と抱負を語った。

 津田さんは「文化的に不寛容な時代。対立軸の中間にあるものを『むすんでひらく』ことができるのが芸術の表現の力なのでは」と持論を示した。

 会見に先立ち、実行委員会会長の大村秀章愛知県知事が委嘱状を渡した。大村知事は「ちょっととんがった芸術祭にしたいと思い、色々な情報発信を続けている津田さんに芸術監督をお願いした。その時々の社会情勢を含めて発信してもらえれば」と話した。

 津田さんはインターネットメディア「ポリタス」編集長、早大文学学術院教授。13年に文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞を受けた。