[PR]

 1日は北陸地方で梅雨前線が停滞し、大雨となった。石川県輪島市門前町で午前5時22分までの1時間雨量が53ミリと、7月の観測史上最大に。午後6時までの24時間雨量は新潟県糸魚川市で230ミリ、富山県氷見市で202・5ミリと共に観測史上最大となった。

 石川県などによると、七尾市中島町の木造2階建て住宅に裏山の土砂が入り込み一部が損壊し、県内で7棟が床下浸水した。金沢市では12カ所で道路が冠水。北陸新幹線は長野―富山間で上下線とも昼前後に運転を一時見合わせた。

 気象庁の予測では、2日午後6時までの24時間雨量は富山県で120ミリ、新潟県で100ミリ、石川県で70ミリに達するところがある。