阿蘇山に3年ぶりの観光客 ガスマスク持ち試験ツアーに

後藤たづ子
【動画】阿蘇山で火口見学するモニターツアー=後藤たづ子撮影
[PR]

 熊本県の阿蘇・中岳で1日、火口を見学するモニターツアーがあった。観光客の受け入れを検討している阿蘇市が実施。参加した15人は念のためガスマスクを携行し、ガイドの案内で中岳第1火口や500メートル下の砂千里ケ浜を見学した。

 中岳の火口を観光客が訪れるのは、2014年8月に噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられて以来、約3年ぶり。今年2月にレベル1に戻ったが、昨年10月の噴火で火山ガスの検知が破損し、地元自治体などでつくる協議会が火口から1キロ内の自主規制を続けている。

 モニターツアーは、今年度末に予定されているガス検知器の復旧を待たずに、観光客を受け入れられるかを検討するためのもの。監視員が持つ検知器でガスが一定濃度を超えたら、マスクをつけて下山するなどの条件がつけられた。

 参加した福岡県那珂川町の主婦徳永雅代さん(57)は「火口の湯だまりが水蒸気で見えなかったのは残念。噴石の落ちた跡を見たり、火山灰が積もったところを歩いたりできてよかった」。熊本市の会社員永浜亮一さん(33)は「火口近くで砂や岩に触れ、火山を実感できた」と話した。

 この日は参加者が訪れる前にガス濃度が上がったほか、監視態勢や緊急時の対応方法などの検討課題も浮き彫りになった。阿蘇では過去に火山ガスで観光客が死亡したこともあり、実際にツアーを受け入れるかどうか、協議会事務局は今回の検証を踏まえて慎重に検討する方針。(後藤たづ子)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント