[PR]

 小池百合子氏が「都議会のドン」と批判した内田茂・前自民党東京都連幹事長(78)の地元、千代田区。1議席をめぐる小池氏と内田氏の「代理戦争」として注目されたが、都民ファースト新顔の樋口高顕氏(34)が自民新顔の中村彩氏(27)を破った。

 樋口氏は午後8時すぎに「当選確実」が伝えられ、選挙を支えた千代田区の石川雅己区長と握手した。小池氏の衆院議員時代の事務所にいた元インターン生。「都政を変えるため、小池知事と石川区長の橋渡し役となりたい」と述べた。

 敗れた中村氏は、引退する内田氏の後継候補として擁立された。自民党の公募に応じる前は小池氏の政治塾の塾生だったが、都民ファーストを「自分の利益を求めて入る団体になった」と批判していた。

 落選が決まると、「自民党とし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら